スキューバダイビングの種類

普通、スキューバダイビングというと南国の海の中を散歩して綺麗な水中世界を満喫するというようなレジャー的な意味を想像される方が多いと思いますが、スキューバダイビングはその他にも様々な目的で使われています。このような通常のレジャーなどで行うスキューバダイビングのことを、「ファン・ダイビング」や「レクリエーショナルダイビング」といい。最大潜水可能深度は最大でも約40メードルほどです。

しかし、この水深よりも深く潜る「テクニカルダイビング」というものが存在しており、このテクニカルダイビングでは高度な技術や器材が必要なかわりに水深100メートルまで潜ることが出来ます。他にもレジャー目的でない水中作業や、調査目的など、さらには営利目的のコマーシャルダイビングというジャンルもあり、一口にスキューバダイビングといっても様々な種類があるのです。ここではそのようなスキューバダイビングの種類について解説していこうと思います。

レクリエーショナルダイビング

一般的に海や湖などにレジャー目的で潜るのがレクリエーショナルダイビング、またはファンダイブというスキューバダイビングのジャンルになります。楽しむことが目的となるためあまり危険な深度には潜らず、危険な場所には潜りません。一般的にスキューバダイビングと言えばほとんどの場合がこのレクリエーショナルダイビングのことを指しており、Cカードなどのライセンス規格もこのレクリエーショナルダイビングを行うことを前提に作られています。

細かい基準としては水深は最大40メートルまでで、特別な減圧を行わなくても潜れる水深と時間に限ること。直接浮上をしても人体にさほどの影響がでない水深を保っている場所であること。自然光が届き証明がなくても周りのものが見える場所であること。呼吸にもちいる気体には空気を使うこと。等が挙げられます。

一般の人間がレクリエーショナルダイビング以外のダイビングを行うことはまずありえませんが、ダイビングにも様々なジャンルがあるという意味で、ここでは分けて解説しています。

テクニカルダイビング

レクリエーショナルダイビングの基準を超えた領域に特別な技術や機器をもちいて潜ることをテクニカルダイビングといって区別します。領域を越えたとはつまり、水深が40メートル以上で、機器による減圧が必要な場所のことをさしており、沈没船や、海底洞窟、湖の中の洞窟などに潜ることを目的としてとして行うケイブダイバーといわれる人たちが、このテクニカルダイビングをしていることが多いようです。

高度な技術や機器を使うのですが、営利目的で行われるものはテクニカルダイビングとは呼ばれず、危険な所へ潜るための安全性や装備をもちいる趣味としてのダイビングのことを言います。レクリエーショナルダイビングよりも高度な安全技術が必要なためすべてのダイビングにおいての安全管理はこのテクニカルダイビングを基準にして行われています。

実は近年、流行しているレクリエーショナルダイビングよりも歴史の古いダイビングで、水中探検として昔から行われていました。しかし、沈没船の中や、水中洞窟などはオーバーヘッド環境といわれる。頭上が水面でなくふさがっている環境が多いため、その環境でダイビングをするための知識が必要になります。

コマーシャルダイビング

レジャー等の楽しむ目的ではなく、作業や調査のために行う営利目的のスキューバダイビングの事をコマーシャルダイビングといいます。潜る深度や潜水時間が高度か、容易かといった基準ではなく、レクリエーションや、趣味としてのスキューバダイビングではなく、潜ることによって収入が発生する場合は、すべてコマーシャルダイビングと呼ばれます。

check

神戸 結婚写真

Last update:2019/2/15