スキューバダイビングの基礎

スキューバダイビングは、大きな酸素ボンベを背中に背負い、自給気潜水器を使って水中での呼吸を可能にしています。普段は体験することの出来ない水中の世界を楽しめ、感動することが出来る反面、様々な器材を使うため知識がないと行うことができませんし、頼りは器材だけで、もし故障したり誤作動を起こしたりすれば・・・と考えるととても怖く感じてしまいます。さらには器材の知識だけでなく、水中に潜ることによって人の体がどのような影響を受けるのか?という知識も必要になります。元々水中は人間の暮らせる場所ではないため、水中にいることによって人体は様々な影響を受けてしまうのです。

ですが、反面このような知識を正しく見つつけることによってスキューバダイビングへの不安は解消され、快適な水中ライフを送ることが出来るようになります。最初は取っつきにくいかもしれませんが、スキューバダイビングへの楽しさや安心感が数段アップすることを考えるとこのような知識は覚えておいた方がよいでしょう。

スキューバダイビングにおいての呼吸

スキューバダイビングをする上で呼吸の仕方はとても重要になります。スキューバダイビングをするときには深呼吸のように深くゆっくりと呼吸をする必要があるのです。私たちが普段している呼吸は人にもよるかもしれませんが、浅い呼吸をしていることが多く、この場合ほとんどの空気が肺に送られず無駄に消費されているのです。空気で満たされている地上では皮膚呼吸などで酸素を体内に送り込むことができるため、浅い呼吸でも全く息苦しさは感じないのですが、スキューバダイビングのように水中で、酸素をとりいれる方法が口に頼るしかない場合には、すべての空気を肺に送る深い呼吸が必要となってきます。

スキューバダイビングにおいて呼吸法は基本となるテクニックの1つで、後述する中性浮力の調整でも呼吸法は重要な役割を果たしています。

スキューバダイビングでの耳抜き

スキューバダイビングにかかわらず、水中深く潜る時に重要となる技術が、耳抜きです。では何故、耳抜きをする必要があるのでしょうか?人間の体には肺や、耳の中など、常に空気の入っている風船のような空間が存在しています。この体の中の風船が水中に潜ることによって発生する水圧によって、つぶされてしまい放っておくとかなりの痛みが発生してしまいます。それでも放っておくとその器官にダメージが残って障害が発生してしまうこともあるほどなのです。

このような水圧による体の中の圧力を調整するのが耳抜きの役割というわけです。やり方として有名なものは息を止め、自分の鼻をつまんで体内から空気が出ないようにした後に思いっきり息を吹き込みます。体の中に空気を送り込むイメージですね。水中に潜ってみれば分かるのですが、5メートルぐらい潜ると耳の中がキーンとして痛くなってきます。この時耳抜きを行うと耳の奥から空気が抜けたような感覚と共に痛みがなくなるのが分かると思います。スキューバダイビングでは水深を変える毎に耳抜きをする必要があるとされているため、とても重要なテクニックの1つとなります。

Favorite

池袋の不動産
http://livestar-realestate.com/
カーテン インテリア
http://www.monreve-japan.jp/

最終更新日:2016/7/27